生存白虎隊士  酒井峰治の手記(写真は部分)

平成2年に家系図に書きつないだ巻物の状態で仏壇の中から発見され、平成5年に孫の酒井峯男氏より当館に寄贈されました。飯盛山で自刃した白虎隊の「士中二番隊」の足どりを記した新しい史料として一躍注目され、テレビ朝日「白虎隊」の参考史料に使われました。酒井峰治は飯沼貞吉と同じ「士中二番隊」に属していましたが、退却の時に仲間とはぐれ、知り合いの農民「庄三」らに助けられ、愛犬「クマ」とも再会し籠城戦に参加しました。後に酒井は北海道に渡り酪農家として暮らしました。生前は家族には白虎隊のことはほとんど語らず、この手記の存在も誰にも知らされていませんでした。現在、当館前に酒井の銅像があります。

 
白虎隊自刃の図(佐野石峰筆)
白虎隊自刃者 津川喜代美の手紙
会津藩士横山主税への幕府発行パスポート
西軍四斤山砲
「荒城の月」作詞者 土井晩翠の手紙
 
※当ホームページの画像の無断転載は、ご遠慮ください